夢のSydneyでシドニー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シドニー日本人学校:

CIMG4153_convert_20110926073124.jpg

娘たちは,シドニーの北の郊外にあるシドニー日本人学校に行っている。現地校を勧めてみたが,猛烈な反対にあった。あまり無理に行かせると精神的にストレスを受け,登校拒否にいたる場合もあると聞いたので,本人たちの希望を尊重することにした。
この学校には日本語コースとインターナショナルコース(英語コース)が,各学年1クラスずつある。もちろん,日本語コースに入学させた。幸いなことに,日本語コースにもネイティブによる英会話の授業が毎日1時間ある。また,体育,音楽,図工などは両コースミックスでやるようだ。これなら多少英会話の素養ができるかもしれない。最近シドニーは日本人が少なくなったそうで,一クラス15人くらいである。幸いなことに少人数教育である。日本からの派遣教員は12名,現地採用の先生は18名である。その他,ゼネラルマネージャーが1名,事務員6名,ケアテイカー1名がいる。敷地は驚くほど広い。56,330m2であり,1周200mの全天候型のトラックがあるのには驚いた。美しい森の中にあり,教育環境としては申し分ない。娘の話によると,たまに山火事が起きるそうである。現に娘たちが通ってから3日目にも起きたそうである。スクールバスが近くの電車の駅からでており,通学は楽そうである。小学生は必ず親が送迎をしなければならないようであるが,母親たちにとっては,おしゃべりするのに絶好の機会のようである。女房は早速おしゃべりの輪に入り,二日目には,なんと家に2人ほどご招待したそうである。驚くほどの社交性である。おかげさまで,ショッピングのことはすでに私より10倍くらい詳しくなってしまったようである。私にとっては脅威である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。